Welcome to 酒井研究室

メタボリックシンドローム、2型糖尿病、動脈硬化など多因子疾患の解明は21世紀の生物医学の大きな課題となっています。ヒストンのメチル化などを解する エピジェネティックな遺伝子発現の制御(後天的遺伝子修飾)が細胞分裂を越えて保存され、一個体の間の細胞記憶システムを形成し、このことが生活習慣病の 発症に大きな役割を果たしていることが明らかにされつつあります。エピゲノムとは、DNA塩基配列以外のDNAのメチル化とヒストン修飾で維持される遺伝情報です。

生活習慣はエピゲノムに記憶され、生活習慣病・糖脂質代謝異常発症の鍵となることが示唆されています。それでは、環境因子がどのようにエピゲノム修飾へと変換されるのでしょうか?環境変化に応じた翻訳後修飾はタンパク質が持つ多面的な機能から固有の機能を選別するスイッチです。私たちはヒストン修飾酵素の翻訳後修飾解析と遺伝子上の局在解析、タンパク質複合体解析からこれらを明らかにしていきます。

そして、睡眠、エネルギー代謝、制御メカニズムをエピゲノミックス解析から明らかにし、画期的な生活習慣病の治療法に挑戦していきます。
https://www.med.tohoku.ac.jp/m-labo/e0009/index.html

 

大学院生募集

News/Topics

セル誌40周年での25報のランドマークの論文に酒井教授の論文が選ばれました

Stepwise Regulatory Intramembrane Proteolysis 細胞生物学の世界ではトップのセル誌が40周年を迎えるにあたり、 ランドマークになった論文を25報程選んで解説付きで特集しています … Read More

令和2年度 「革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)」に採択!

令和2年度 「革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)」の研究開発領域「健康・医療の向上に向けた早期ライフステージにおける生命現象の解明」に酒井教授の課題『生活習慣病予防に働く早期ライフステージの生活環境記憶の … Read More

張 吉さん 第93回日本生化学会大会 若手優秀発表賞受賞

大学院博士課程 1年(D1) の張 吉さんが、「SETDB1 represses H3K4/H3K9me3 bivalent genes by ubiquitination-dependent and -independ … Read More

井上晋一先生 助教就任

井上晋一先生が、6月1日付けで分子代謝生理学分野分野の助教に就任致しました。

大学院生募集中!

東北大学 大学院入学希望者向け特設サイト「M-labo」に、酒井教授のインタビューが掲載されました。 https://www.med.tohoku.ac.jp/m-labo/e0009/index.html

張吉さん大学院合格(博士課程)、4月1日より研究室に参画します。

医学系研究科博士課程に合格されました張吉さん(中国)が、4月1日より酒井研究室に参画致します。

祝 遠藤和香子さん第105回薬剤師国家試験に合格されました

研究室の遠藤和香子さんが、第105回薬剤師国家試験に合格されました。おめでとうございます!

酒井教授が筑波大国際統合睡眠医科学研究機構でセミナー

2020年1月22日筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)において「A Concerted Thermogenic Response via a Phosphor-Switch of an Epigenetic … Read More

医学部2年長野さん・山口さん、1年生野村さんが勉強に来ています。

1月より医学部2年生の長野満駿さんと山口玲さん、1年生の野村優さんが研究室に勉強に来ています。実験やミーティングにも参加し、意欲的に学んでいます。

第42回日本分子生物学会で講演

2019年12月3日~6日に福岡国際会議場・マリンメッセで開催された第42回日本分子生物学会に参加し、酒井教授は「脂肪細胞の機能制御に関わるヒストン修飾とクロマチン構造の変化」のタイトルで、ワークショップで講演を行いまし … Read More

酒井教授が71th Annual Korean Physiological Society Meetingに招待され、プレナリーレクチャー(Plenary lecture)をいたしました。

2019年10月31日~11月2日に韓国大邱で開催された71th Annual Korean Physiological Society Meetingに招かれ、「“Histone demethylase-mediate … Read More

東大先端研ニュートリオミクス・腫瘍学分野 大澤特任准教授との低栄養に関する研究がCell Reportに発表されました。

Osawa T, Shimamura T, Saito K, Hasegawa Y, Ishii N, Nishida M, Ando R, Kondo A, Anwar M, Tsuchida R, Hino S, S … Read More

酒井教授が第92回日本内分泌学会学術総会にてシンポジウム座長と教育講演

2019年5月9日(木)~11日(土)に仙台で開催された第92回日本内分泌学会学術総会にて、シンポジウム「内分泌代謝とピゲノム」座長(5月9日)と教育講演「内分泌機構におけるエピゲノム」のタイトルで講演を行いました(5月 … Read More

LSBM Symposium 2019に参加しました

2019年4月2日~3日に箱根で開催されたLSBM Symposium 2019に東大酒井研、東北大酒井研ともに参加しました。

4月より新しいメンバーが加わりました。

4月より中国 西南医科大学出身の陳 夢嫻さん、大学院生清水 佑一さんが参画されました。また卒業研究のため医学部保健学科4年生の飯塚 紘匡さんも加わり、皆さんで一緒に研究に励みます。

酒井教授がThe 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019)で招請講演

2019年3月28日~31日に神戸で開催されたThe 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019)に招 … Read More

短期研修生の三輪美季さん、卒業のご報告に来て下さいました

卒業研究のため当分野の短期研修生として一緒に研究を致しました、宮城大学の三輪美季さんが卒業論文発表を無事終えられ、ご報告に来て下さいました。ご卒業おめでとうございます!