📌 松村先生、張吉くんらの論文が日本分子生物学会機関誌『Genes to Cells』に掲載されました。

SETDB1 によるユビキチン化依存的および非依存的な標的遺伝子発現抑制は、脂肪細胞分化におけるメチルトランスフェラーゼ活性の状況依存的な役割を明らかにする
Ubiquitination-dependent and -independent repression of target genes by SETDB1 reveal a context-dependent role for its methyltransferase activity during adipogenesis

張吉、松村欣宏、鹿野優佳、吉田文乃、川村猛、平川弘幸、稲垣毅、田中十志也、木村宏、柳茂、深見希代子、土井健史、Timothy F. Osborne、児玉龍彦、油谷浩幸、酒井寿郎
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12868

内容の詳細はこちら